« カブトの謎1:天道君*号 | トップページ | エヴァ、もし私が作ったら・・・ »

カブトの謎2:ワーム、ネイティブ、そしてゼクター

マスクドライダーシステムの根幹たるゼクター、そしてベルトに関しても謎だらけ。誰が作ったか微妙にはっきりしない。ZECTのバックにいるネイティブらしいのですが、実際のところ、ザビーとガタック以外は入手経路不明。巷にいるネイティブが作って、こいつになら、と思った人に渡してたりするんでしょうか。

そもそもネイティブって何?平成ライダーシリーズにこの手の疑問を持つのは禁物だと分かってるんですが(苦笑)、とりあえず俺設定とか作りたくなるじゃない?

ということで、こっから妄想爆発俺設定。
#そういうの嫌いな人は読まないでね。

ワーム:さなぎ形態から成虫形態に進化する。さなぎ形態は丸っこい。人間を殺して擬態する。成虫も擬態できる。

ネイティブ:ワームのさなぎ形態に酷似するが、角がある。。。そう、カブトムシのオスのさなぎに近い形。成虫形態は未確認。実はカブト最強、はネイティブの成虫が全てカブトムシ型、とかか?(メスはどないすんねん)

カブトムシ=昆虫の王様、その他の虫は雑魚。

どっかに昆虫人類が支配する星があって、そこにはミクロイドS。。。はいなくて、ネイティブが支配民族。元はさなぎから脱皮して、さまざまな種類の成虫形態を持つ民族だったが、科学技術の進歩により、攻撃力や守備力、空を飛ぶ力などを必要としなくなり、さなぎのまま一生を送るように変化していった。

そんな中でも支配的な種族だったのが、元カブトムシ民族(角あり)。

ある日、(ありがちな話ですが)核戦争でも環境汚染でもなんでもいいんですが、突然変異でミュータントが現れた。角あり(=ネイティブ)たちは彼らを”ワーム=虫”として忌み嫌った。

迫害されていたミュータントたちは、先祖が持っていた脱皮能力を取り戻し、ネイティブ達を襲い始めた。

脱皮できない非力なネイティブ達は地球に秘密裏に逃亡、移民。一応平和に?暮らしてた。しかし、いつの日にか襲い来るであろう、ワームに備え、その科学力で変身、脱皮し、ワームのスピードに対抗できるマスクドライダーシステムを作った。そう、自分達の祖先の姿に憧れをこめ。

そしてついに、最終戦争だか巨大隕石の衝突だかで元の星からはじき出された岩塊が地球へ。。。当然さなぎ状態だか冬眠状態だか卵状態かでワームがくっついて。。。

なんで地球に飛んでくるかは聞いちゃだめ(苦笑)。下手したらネイティブを殺せ本能で居場所を突き止めて、隕石の軌道をコントロールしちゃったかもしれません

あと、なんで人間に擬態する/できるのか、なんで人間を襲うのか(って、襲われたのはネイティブと、ネイティブに近づくための人間だったりする?)、謎です。
ひょっとしたら昆虫惑星と地球とは、なんか縁があるのかもしれません。長谷川裕一のアレみたいに(w

|

« カブトの謎1:天道君*号 | トップページ | エヴァ、もし私が作ったら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/12855578

この記事へのトラックバック一覧です: カブトの謎2:ワーム、ネイティブ、そしてゼクター:

« カブトの謎1:天道君*号 | トップページ | エヴァ、もし私が作ったら・・・ »