« 9尾め:ソナーの使い方 | トップページ | 第三試合:猪木、藤波、そして。。。 »

1998年2月 3日 (火)

10尾め:ソナーのお友達

ようやくソナーシリーズ最終回です。最後はソナーのお友達を紹介しましょう。

まずはコーモソナー。実際にはコーモランルアーとしかパッケージに書いていない、いわゆるバッタもんです。ところが困ったことに、こいつのほうが出来がいい^^;;;なんと言っても最初からフックがスプリットリングで付けられています。実際のところ、これ一個しか持ってないので使ったこと無いのですが、プロソナリストこと桂川師匠は、こっちの方がいい、っておっしゃっておられました。しかーし、困ったことに売ってないんですよね。あっても本家ソナーより下手すりゃ高い(苦笑)。もち、コーモランのルアーですので、4、500円なのですが、ソナーはBPSで買えば、$2.89っすから。ま、コーモランのコピーものの中ではとんがり虫と双璧をなす、出来の良いものです。

comoそっくりっす。

次はシケーダ。BPSのカタログで発見して買ってみました。当然ソナーにはまった後です。こいつはいわゆる鉄板、というより、ウィローリーフのスピナベブレイドに胴体つけたような感じです。こいつのメリットは鉄板自体が湾曲しているので、フォール時にもアクションしますし、そのおかげかソナーと違い、多少ウィードがかかったぐらいではアクションが変りません。使用頻度が低いのはソナーのせい^^;;;

cicada最初からダブルフックです。

お次はダンサー。へんてこルアー作らせたら天下一品のマンズの製品です。他のとの決定的な違いは、鉄板が下にあるってことですね。まだ一回しか使ってないし、釣ってないんで、あんまり書くことないです。あっ!とってもすごいお友達を一個忘れてました。同じくマンズのリトルジョージ!仕方ない。見たい方は今月号のBASSER、立ち読みしてください^^;;;

dance変でしょ?

最後を飾るのは珍品中の珍品、ボナー!!!エスコって会社のルアーなんですけど、知ってる人います?12、3歳のころ、なんかの本でみて、フィッシングサロン心斎橋という、超老舗のルアーショップで発見、わけもわからず購入しました。当時はストレス解消用、超遠投ルアーとしてのみ、活躍しておりました。で、昨年久しぶりに同店に行ったところ、安値で残ってたんですよ。思わず買い占め^^;;;。こうみえてもなかなか良いけつ振りするんですよ。今年こそはこいつで釣りたいもんです。他にはビッグバドとか。。。

bona縦になって泳ぎます。

やっとこさ最終回にたどりつきました。さぁて、次は何を書こうか。言ってるうちに来週は大阪フィッシングショー。これはレポートのほうかもしれないし、11日は釣りに行きそうだし、予告しないでおきます(苦笑)

追記(2006/1/6):あぁ、ほんとばさぁのサイトらしいこと書いてるなぁ(苦笑)。しかも勢いあるし。今はもうだめだめ。現状、ソナーよりシケーダのほうが好き。ボナーは何年か前にシーバスゲット。ダンサーは。。。どこいったっけ?。

|

« 9尾め:ソナーの使い方 | トップページ | 第三試合:猪木、藤波、そして。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10尾め:ソナーのお友達:

« 9尾め:ソナーの使い方 | トップページ | 第三試合:猪木、藤波、そして。。。 »