« [釣行記]05/13:あほの坊主めくり大会&more | トップページ | 第六十五試合:No1にならなくていい? »

2007年6月 1日 (金)

[釣行記]05/27:長谷大池釣り大会参戦

5月二回目の長谷大池。この日は池主催の大会で、これまでここの会の例会に誘われたりしながらも、そもそもあんまり釣りで人と競うってのが好きじゃなくて興味がなかったのですが、最近ちょっと意識が変わってきまして、テーマを持って釣りをするという昨今の目標に対して、その具体的なテーマと大きなモチベーションを提供してくれるわけですから。

てなわけで参戦を決め、前日少し買い物して、なんだか中途半端な時間になっちゃって。。。
いつもは3時着ぐらいで2,3時間仮眠して、という感じなんですが、1時ごろ着いちゃって。で、車内で少しDVD見てたりして、仮眠突入。いつもならこんな時間誰もいないのですが、さすがは大会。数台すでに車がいます。

受付5時半のはずなので5時ごろ起きだしたのですが、結構人集まってる割に受付が始まる様子がない。整理券は既に出てたみたいなのですが、、、ポスター見ると受付6時に(苦笑)。

整理番号11番。今回は重くても我慢して、振り出しの18尺で、一番深いとこを狙う作戦。二尾長寸、優勝ラインは70手前ぐらいじゃないか?とのこと。35cm2尾かぁ。。。数は出るけど、サイズは狙って釣れない。少なくとも私の経験と技術では。

開会の挨拶の後、さくっとイメージしてた場所に入れる。18尺もちょうちん釣りに近い棚なので扱いには苦労しない。餌はいつもの両ダンゴ(ペレ底がなくなってたので、ダンゴの底釣り夏+ペレ道+底力)、一投目から釣れますが小さいので検寸せず。しかし周り見ると20後半でも計ってる。最後はmm単位の争いになりそうだし、まず2尾計っとかないと、後釣れなかったら困るよ、と(苦笑)。

んで、26,7ぐらいのを2枚検寸した後30cmジャストをゲット。まずは30cm以上を2枚そろえるのが目標だなぁ。が、風が強かったり日差しが強かったりして、餌の状態がころころ変わるし、そんな棚でやっててもがんがん魚が浮いて餌が持たなかったり、いつもの倍ぐらいの人がいて、よこでバラケ打たれた日にゃ。。。きっちり食いあたりが出ず、カラツンの多いこと。。。

途中、やはり重さに力尽き18尺をやめ、いつものように13尺を取り出す。18尺の上等なの
買う前に、この13尺と同じクラスの15尺でも買おうかなぁ。。。

なんとも微妙な状況で、寄りすぎもあるので途中グルテンに切り替えてみる。でも両グルテンだと圧倒的にアタリが減る。結局上鉤ダンゴ、下鉤グルテンでやるんですが、上鉤のほうがもちが良かったりして、結局上鉤に釣れるほうが多い。ダンゴに白ヘラ足したり、いろいろと工夫を重ね、終盤ようやく安定したペースで釣れだします。でも27とか28とか。11時前ぐらいだったか、ようやく32cmを釣って、一応目標達成。あとは入れ替えが出来るかどうかなんですが、これぐらいの時間から、周りで釣れてるサイズもじわじわ上がってきます。まぁ30.*cmとか、31.*cmのあたりで、mm単位で入れ替えがどんどんと。

そんな中、30ある?という微妙なサイズを釣ったので検寸してもらったら29ぐらい。「入れ替えですね」って言われて、え?っと。32と30だから入れ替えちゃうやん。集計シート見せてもらうと、32cmがない。。。調べてもらっても確かにない。あんまり絡むのもあれなんであきらめる。が、気分はよくない。残り15分ぐらいのとこで強風に耐えかねたのもあってやめる。

あぁ、なんかケチついたなぁ、表彰終わって飯食ったらさっさと帰ろうかなぁ、とかへそ曲げてたんですが、本部行って確認してみると、集計担当の人が何人もいて、シート自体が数枚あって、シート単位で入れ替えやってて、最終的に本部でエクセルで集計してたそうで。。。ちゃんと記録されてました(苦笑)。ややこしいこといってごめんなさい>集計担当の人。

結果20位。30数人中の順位ですから、まぁだめだめ。優勝が68.3cmなので、5,6cmの差なのですが、ほんと上位数人以外はmm単位の闘いなので。。。ただ、バスしかしない系の人にはなじみがないかもしれませんが、この手の古いタイプの大会だと、上位にいなくても10位、15位とかのキリバンげと(誤)なとこにはいい賞品があったりするわけで、それにありつきました(w。細い缶の十六茶1ケース(30本<毎日のみまくり)、漁師か魚市場の人が使いそうなビニールのオーバーオール(何に使おう、、、カツオ釣り?)、ビーチパラソル(これは参加賞か)、なによりうれしかったのが2000円だか2500円で売ってる長谷大池仕様の浮き。えぇ、そのうち買おうと思って買い損ねてたんですよ。

曲がりかかってたヘソもすっかり機嫌直し(馬鹿)、昼からも釣り再開。ただ、風がどんどん強くなってきます。それを我慢して、とりあえず新しい浮きに交換。うわ、すげぇオモリが乗るよ。妙な状態で板オモリを継ぎ足すはめに。。。ボディはでかいのに、トップは太めのソリッドなので、最後の微調整が非常に難しい。ボディ出てる状態でほんの少しオモリ足したらもう沈没、とか。。。うぅぅ。

そんなこんなで調整終わって一投目。スコン!なじみきった瞬間に一気に持ってく。思わずあわしちゃうわけですが、スレやろなぁ。。。って食ってるよ。ここんとこ浮力重視でパイプトップのごつい浮きばかり使ってました。ソリッドトップは、冬場のうどん池ぐらいのもんで。。。かなりの衝撃。まぁ宙釣りだってのもあるんでしょうけど、もう気持ちいいいぐらい、スコン!と浮きが入り、それが全部食いアタリなんですもの。

この後、風が一向にやまず、場所変えて多少ごまかしてもしんどいだろうと思い、餌を打ち切るまでがんばって、15時ごろ終了。カウンタを坊主めくり大会用に別のバッグに入れたまんまだったので数がわかんないんですが、多分4,50というところでしょうか。午前中苦戦した時間帯はさておき、それ以外は結構いいペース、いい感触で釣れたのでかなり満足な感じ。次は。。。めざせ3桁だな。

|

« [釣行記]05/13:あほの坊主めくり大会&more | トップページ | 第六十五試合:No1にならなくていい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [釣行記]05/27:長谷大池釣り大会参戦:

« [釣行記]05/13:あほの坊主めくり大会&more | トップページ | 第六十五試合:No1にならなくていい? »