« 日曜日の食欲 | トップページ | ゆみながくんでは »

2006/02/20

キンニクニキク!

今朝、ゆみながくんが朝礼のスピーチ担当で、筋肉の話をしてた。彼は腰が致命的(wに悪いため、リハビリにジム通いしてるそうなんですが、筋肉ついてきたのに体重が落ちない、と。調べてみると速筋がついて、遅筋がついてないため、体重が落ちないのだとか。性格はちきんなのにね(笑)。

読んで字のごとく、速筋は瞬発力系の筋肉で白く、遅筋は持久力系の筋肉で赤い、と。ちなみにあの名作(苦笑)「THEモモタロウ」の主人公は、両方の性質を併せ持つ、幻の桃筋をもってましたが。。。

で、彼はヒラメや鯛のように、餌待ち伏せ型の魚は瞬発力型だから白身で、マグロとか泳ぎっぱなし系は赤身という説明をしてました。ん?遅筋=赤身>痩せる、だとしたら、なんでマグロとかサバ系(釣り人的には青物)のほうが、脂がのっててうまいんだ?(苦笑)

私の認識だと。。。速筋だろうが遅筋だろうが、増えても痩せないと思ってる。筋肉が増えれば基礎代謝量が増えるから、普通に生活していても消費カロリーは増える。だったら痩せそうな気がするんですが、それは気のせい。

X=(摂取カロリー)-(消費カロリー)

のXがプラスの間は、あまったカロリーは脂肪として蓄積される。でも、マイナスになっても蓄積された脂肪はあまり減らない。普通の状態だと脂肪が減る前に筋肉が消費されていくらしい。

で、蓄積された脂肪を燃焼させるためには「有酸素運動」が有効。つまり、低負荷で、長時間行う運動だ。一番効果的なのは「ウォーキング」らしい。「歩き」ではなく、かなりの速さで、冬でも汗ばむぐらい歩く必要がある。正確には覚えてないけど、30分だか1時間だか越えたあたりから脂肪の燃焼が始まる、とか。えぇ、結構しんどいです。

つーわけで、遅筋をつけるための低負荷長時間運動は、結果的に脂肪を燃焼させるわけですが、遅筋をつければやせる、という考え方は正確といえるのかどうか。まぁ私の言ってることが間違ってる可能性も大ですが。そもそも筋肉は脂肪より重いので、量的に同じなら体重は増えますしね。あぁ、私も体脂肪率下げないとなぁ。。。

|

« 日曜日の食欲 | トップページ | ゆみながくんでは »

コメント

この手の話となると毎回思うのですが
『ならばブリはどっちやねん?』
となるわけで。

もしかして桃筋か(笑)

投稿: Kenneth.K | 2006/02/20 23:32

言われてみれば。。。
ブリ系の青物は白いよな、身。
でも赤いとこがコリコリと美味いんだな。

投稿: ごるご十三 | 2006/02/21 00:49

実は調べました。一応、チキンいや遅筋だそうですよ。じゃあ何で白いのかは知りませんが。

痩せる痩せないの話は、ジムのトレーナーの受け売りですから、事実はわかんないですが、一応プロの言う事を信用しておきます。

もしかすると、太りにくくなる、と言う意味だったのかも知れません。言ってる事が専門的すぎてよく解らなかったですし。

投稿: ゆみなが | 2006/02/21 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/8755565

この記事へのトラックバック一覧です: キンニクニキク!:

« 日曜日の食欲 | トップページ | ゆみながくんでは »