« 沖縄遠征 一鮮満編 | トップページ | 沖縄遠征 最終日の前に・・・編 »

2006/05/01

沖縄遠征 お夜食編

Kenneth.Kです。

一鮮満で勢いに負けて、そんなに食べていなかったので

TAXIを降りてからTAKEさんと離れて夜の町をぷらぷらと

Img_2353

で、TAXIの運転手さんに教えてもらった『でぃご食堂』で食べたのが

『ナカミジル(中味汁)定食』

ナカミジルというのはモツのオツユなわけですが

モツ煮こみと違い、下ゆでしてあるモツを出汁で仕上げて出すので

さっぱりしてるし、薄味で楽しめます。

はちまきだと1000円分くらいのモツにこんにゃくと

しいたけを一緒に煮たものに

この食堂の定食物のデフォルトである

マグロの刺身と目玉焼きに野菜をつけて800円

安いし、夜の1時に入ったのに

おかあさん二人で営業していて閉まる気配もなし。

『モツのカッティングが大きいところはそれだけパワフルである』

という持論がある私も驚愕のパワフルぶり。

こういうところが沖縄の底力なのではないだろうかと

改めて感じたのでありました。

この後はいろいろと声をかけながらも

断りつつ帰ってホテルで寝ました。

明日は最終日です。

|

« 沖縄遠征 一鮮満編 | トップページ | 沖縄遠征 最終日の前に・・・編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/9843002

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄遠征 お夜食編:

« 沖縄遠征 一鮮満編 | トップページ | 沖縄遠征 最終日の前に・・・編 »