« 因島 | トップページ | 花束の似合う男 »

2006/05/07

プロレスファン

Kenneth.Kです。

プロレスが好きなんです。

でも知識が少ないんです。

このIT時代において団体側、もしくはメディア側から与えられている情報は有り余るほどと言っていいし、知識が少ないことに関しては『絶対量不足』ではなく個人の『収集力不足』を問われることとなるだろう。

そもそもは新日本からプロレスに入り、現在の新日本のこの停滞振りからCATVでのWWE,NOAHを見ることが最近の主なプロレス状況なわけです。後は週プロ、ゴングを立ち読みするくらいですね。

そんな折、たまに見ている大阪プロレスのサイトで『私情を交えたレフェリングについての謝罪』を発見し、それに関して少々ここのBBSに書き込みをしたところ、夕刊プロレスの記事を紹介されて。。。

となったわけですが、やはり自分はプロレスを全然知らないのだというのを実感しました。

最初は『レフェリーのえこひいきくらい、あるだろう?プロレスなんだもの』と思っていたのですが、やはり大阪プロレス(スペル・デルフィン)とみちのくプロレスとの間には大きな溝があり、夕刊プロレスでこの一件に関して記事を書かれていた方には見えたものがあったようです。

長い間、それも本当に長い間を見続けてきたことで知っているそれぞれの事情。それぞれの気持ち。それらをひっくるめてのプロレスファンのプロレス観戦、それが出来るとプロレスをもっと楽しめるのでしょう。

今回の件よりも前に、デルフィンとディック東郷がそれぞれのブログで互いをののしりあったことがあり、その時も『アングルの前フリかな?』と思っていたのですが、現在では本当に本当に大阪とみちのくの間には大きい溝があるよう気がします。

当時を知らない私としてはなにも実感にないドラマが流れているわけなのですが。。。

でも、社長であるデルフィンがもめてるために大阪プロのHPからいける各選手のブログにも少なからず影響が出ているのも事実のようですし、上手いこと立ち回って欲しいものです。

自分のペースでしか知識は増やしていけませんがもっとプロレスを楽しむためにプロレスを知らなければないなぁ、と思ったわけでした。

とりあえず、もうすこし週プロをしっかり読もうかと・・・

<memo>

大阪プロはタイガースマスクに期待してます。ドロップキックの打点の高さとアマレス仕込みのスープレックスは好みなのです。ジャーマンというよりもむしろバック投げという感じの奴ですね。線の細さと心のナイーブさが心配なのですがそれを克服して、タイガーマスク(4代目)と対戦して欲しいものです。団体(社長)のゴタゴタに巻き込まれないで欲しい。

あ、あとね、ミラクルマンが正義の味方にあるまじきお腹になりつつあるのであれは引っ込めて欲しいなぁ。

|

« 因島 | トップページ | 花束の似合う男 »

コメント

正直、プロレスが廃れてるのも、
団体が多すぎ、マスコミが甘やかしすぎで、
つまりは完全にマニアのためのものになってる
せいだと思うのよ。
情報過多で、それを必死で処理する人だけが
付いていける世界になってる。

私なんかもうあきらめてるから、そういう情報を
知らないので、同じように背景がわからない。
でも、とりあえずみちのくとデルフィンの
確執は本気らしいってことだけは知ってる。

まぁ必死になるのもよし、気軽に見るのも
よし。

投稿: ごるご十三 | 2006/05/07 23:02

だぁ、コメント消えた。。。
書き直すのめんどうやなぁ。

簡単にいうと。。。プロレスが廃れたのは
団体過多、情報過多のせいでマニアにしか
ついていけなくなったことだと。

それを追っかけなくなった私はそのネタも
知らない。ただデルフィンとみちのくの
確執は本物だと。

ま、あんま肩に力入れなくてもいいんじゃない?

投稿: ごるご十三 | 2006/05/07 23:05

ぎゃ、エラー出てたのに書けてるじゃん。。。

投稿: ごるご十三 | 2006/05/07 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/9940836

この記事へのトラックバック一覧です: プロレスファン:

« 因島 | トップページ | 花束の似合う男 »