« 夕食 | トップページ | 準備運動 »

2006/11/29

061128(Tue)の夕飯

Img_2734 Kenneth.Kです。

たまにはお肉の写真です。

豚肩ロースの400グラムくらいの塊がスーパーで半額になっていたので。

20gの塩をまぶして

紙でくるんで水分が出たらちょこちょこ取り替えて

3週間経ったら

『生ハム』さんのできあがり。

ネットでレシピを見つけたのでやってみたんだけど。

ホントにできた。これにはびっくり。

もちろん製品には遠く及ばないんですが

それでもお肉の香りとねっとりとした舌触りはなかなかのものです。

しいて言うなら色が少々黒ずんでしまったことでしょうか。

これはくるんでいる紙をマメに取り替えることで改善できるはず。。。

あとはこれだと塊が小さくてスライスしたときに断面が小さいので

ねっとりと舌触りを楽しみきれないかも。

次は1kgくらいの塊でやるのだ。

今週末に仕込んで3週間後の出来上がりを見込んで・・・

おぉ、いい時期ですな(苦笑)

今年のキメ台詞は

『生ハムが仕込んであるんだ。』

これに決まりですね(笑)

あとは言う相手を探さなければ・・・。

Img_2735

これはマルソウダのブツ切り。

小さい個体ながらヒラソウダのような脂のノリでした。

赤身の香りと脂の甘みとコクがよろしいです。

Img_2736

これはシコイワシの酢味噌和え。

いわゆる『ヌタ』になるのかな?

郷土料理というか漁師料理です。

3枚におろして、軽く塩でシメて洗って

それをネギの千切り、しょうがの千切りととも酢味噌に投入。

酢でしまった身の感触と酢味噌の甘味、酸味。

香味野菜の風味がよく効いて。

これがまたなかなか。

酢を使っているから日持ちもするのです。

身も崩れないのです。

いやいや、昔の人はよく考えたものです。

今日はこれらとアサリの味噌汁でした。

|

« 夕食 | トップページ | 準備運動 »

コメント

おぉ~。
そんな、けねすけさんにお勧めのお店。
http://www.themeatguy.jp/homej.php
イベリコ豚も有るよ。

投稿: のぶ | 2006/11/29 17:25

そんなんで
生ハムができるん?

シンジラレナ~イ
です

生ハムといえば

修行場にヨシダという先輩がいて
自ら
「仏のヨシダ」とか
「生きボトケ」などと
名乗ってはりました
あるとき
修行場の夕食の献立が
ビーフカレーと生ハムのサラダで
黒板に買出し材料が書いてありました

牛肉
たまねぎ
にんじん
カレールウ
レタス
トマト
 ・
 ・
 ・
生ハム

生ハムの「ハ」が少し幅が狭かったんです
ほしたら
ヨシダ先輩が

「だれや、わしの名前かってに書いたん!」

ゆうて
おこったはりました

さっそくボクもやってみます
紙包み生ハム

投稿: sasaki | 2006/12/02 08:38

のぶさん>
ありますねー、色々。
とりあえず近所のスーパーで豚モモ肉
100g168円、言えば塊でも売ってくれるそうです。
高いのか安いのか。。。

sasakiさん>
ぜひともお試しください。
びっくりできます。

ヨシダ先輩の件ですが
かなり想像力を必要としました。
手で書いたほうが早かったですかねぇ。

そしてこちらの生ハムの元ネタのブログである
かとっきち。さんのシュフズテーブル
http://shuffstable.blog47.fc2.com/
の方にも挨拶を済ませました。
今日早速ナマハム第2弾の記事が載ってました。
レシピはこちらの9/27の記事。
http://shuffstable.blog47.fc2.com/blog-date-20060927.html
です。
ボクは随分、手を抜きましたので
こちらのキチンとしたレシピを参考にされて下さい。

ありがとう、かときっち。さん。

投稿: Kenneth.K | 2006/12/07 21:57

その後、この生ハム。
だいぶ小さくなったんで

丸かじり

してみました。
一度やってみたかったんです。
ちょっとしあわせ。

投稿: Kenneth.K | 2006/12/16 03:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/12863179

この記事へのトラックバック一覧です: 061128(Tue)の夕飯:

« 夕食 | トップページ | 準備運動 »