« 激寒長谷大池 | トップページ | 何度みても »

2007/03/19

久々Live

幾度もお誘いいただきながら失礼してきたみきやん先輩のバンド、MARZie-DEKKERのLive。先日CD発売したというのもあって、一回ぐらいはいっとかないとと思ってたんですが、以前みきやん先輩がらみのでLive行ったときに気に入ったバンドD-Xが対バンで出る、ときいたら参加意欲も増します。ほんとはこの日に長谷大池行くつもりだったんですが、帰りが遅くなるとつらいし、それを土曜に回して余裕をもって。。。

wogeyのお迎えで出撃、西九条のブランニュー。前回に続いて二回目。後でMARZie-DEKKERのMCで知ったんですが、元ヤンタ鹿鳴館だったんですね。そりゃもう昔はバハマと並んで大阪メタルの聖地の双璧みたいなとこじゃないですか。そりゃ知らんかったわ。

さて、一つ目のバンドは「VICE」。AIKOみたいなちっこい女の子ボーカルで、、、いきなりデス声。。。なんだけど、そっからの歌パートはビジュアル系とか、最近よく見かけるおどろおどろ系が混ざって。。。ちと微妙。もう一息ですな。そんなわけで次を待ってると、D-XのVoの人がうろついてたりして、ちと挨拶して。。。次の次ですか。

2つめは「VRAIN」。フライヤー見ると「劇的なメロディと類稀なハイスパート・ドラミングが。。。」なんて書いてある。ほんとかよ。ちゃんとしたハイスパート、と言えるバンドなんて、日本でほとんどみたことないよ。結構インパクトある3人が出てきて、、、そこにでてきたVo.の女性、HIRO。えぇ、美形で、スタイルもよく、それだけで見栄えするのにショルダーキーボード!久しぶりにみたよ。女性メンバーのいるとこでちょっと伴奏とか間奏入れるだけ、というのがよくあるパターンなんですが、、、さて。。。

始まって絶句。えぇ、ハイスパートですよ。女性ボーカルと、そのルックスに甘えない、ハードで、高速で、超絶技巧な演奏。VowWowをプログレッシブにした感じ、とでもいいましょうか。時折変拍子、妙なタイミングでの転調があったり、とにかく曲はスリリング。HIROのキーボードもお飾りではなく、ギターソロとハモる高速ツインプレイがあったり、とにかくキーボードも本気(後でプロフィールみたら、元々Keyが本職だったらしい、なるほど)」。

しかしまぁ、普通ギターにせよなんにせよ、Voと兼任すると動きが制約されるもんなんですが、ショルキー+ヘッドセットってのは考えましたな。マイクもたないでいいわけだから、弾いてないVo専任モードの時は両手が空く。その両手をいっぱいにつかった踊り、というか決めポーズバシバシ。これはいい。帰りにwogeyの車でCD聴きながらフライヤーじっくり見ると。。。X-Japanの影響で破壊的なスピードとヒロイズムあふれるメロディ、TM NETWORKからメカニカルなシーケンスサウンド。。。あぁ、なるほど、そういわれるとXっぽいとこもあるわな。メカニカルなのはCDでないとわかんないけど。初期のXと初期のTMは大好きだったので。。。その路線でつっぱしってくれたら大歓迎。後は強烈なインパクト、というかフックのある曲があれば上にいけるはず。。。

てなわけで、ずっぽりはまりまくってしまいました。圧巻でしたわ。この次D-X?だいじょぶ?つーか、さらにその後みきやん先輩だいじょぶ?と心配に(苦笑)。

さて、次がD-X。この順番はきついかなぁ、と思いきや、いきなり全開。またも入り口のほうからフェイントかけて登場。前は松葉杖状態で、動きにくそうだったんですが、今回はまさに全開。いきなり、力づくで魂もってかれます。熱い”漢”のHARD ROCK。あぁ、ギャップス~バートレイ思い出すなぁ、ナマさん元気かなぁ。

そんなわけで前回よりはるかにパワーがあって、切れのある動きのボーカルに圧倒され、引きずり回され、拳を振り上げまくるのです。えぇ、この規模のライブだと。。。特に東京はそうなんですが、少々いいバンドがでてもさめて見てる客が多いのですが、そかぁ大阪のほうがちとまし。さらに照れずに力づくでバンドの世界にもってく彼らのパワーは凄いです。前回CD買って帰ったので予習できてるのもよかったのですが、ラストの「我心鬼成」なんてもうほんとに圧巻でした。また見たいバンド。

さて、お待ちかね、MARZie-DEKKER。あんな2バンドの後ですから、かなりしんどいんちゃうやろか、、、というのが最初のイメージだったんですが、凝ったオープニングで始まり、、、いきなり突っ走りまくり!正直スマンかった。ただのメタルオヤジ(wじゃなかったっすね、みきやん先輩。以前からいろいろメタル系話をしまくりましたが、まさにそのイメージどおり。KISSやモトリーちっくなかっこなんだけど、プレイスタイルはコージー・パウエル好きなのよね^^;。そうそう、そういう手数の多い、はでなドラミング好きなのよね、わたしも。

「ハイトーン絶叫だけどまだしんどい」と聴いてたVoも、ぶちきれまくり具合が最高。バンド全体として、まだまだ不安定なとこはあるんです、もちろん。でも、Voとドラムのセンターラインががしっと固まり、方向性がぶれずに突っ走ってるから、見ていて気持ちいい。今度はちゃんとCD聴いてからまた見に行きますわ。

さて、次がトリなんですが。。。もう21時半近いんですが(苦笑)。やっぱ5バンドはきついわね。で、そのバンドが「WINDZOR」。最初その名前を見たとき、なんかしっぶい元ハードロック系ギターの人がやってるバンドがあったような気がして。。。今でも思い出さないんですが。。。でもそんなバンドやったら(姫路)とかかかれないやろしなぁ。で、出てきて一発目の音とギターの顔見てびっくり。これか?いや、実は違ってたんですが、結構ギターの人の顔が老け顔(失礼^^;)だったのと、あまりの音の厚みに、これまた一つバンドとしてのレベルが違ってて。。。”バンド”としての質はほんと、他のバンドより一つ上でしたね。いかにも、という感じに”ジャパメタ”でした。よくも悪くも”まさにジャパメタ”。私のイメージどおり。

女性Voの存在感と超高速しゃべくり(wは圧倒的で、安定感のあるギター、ベース、キーボード、そしてこんだけすげぇドラマー連続で見たのに、そんなかでも抜群に美形(wでかわいらしい(でも男)ドラマー、いや、そうじゃなくて高速でパワフルでテクニカルなドラム。すごかったなぁ。ただまぁ、”いかにもジャパメタ”ということで、下手じゃないんだけど、Voのスタイルが私好みではない。もう一つ上に突き抜けるハイトーンがあればなぁ。

てな感じで、VRAINさん見た時点で「元取った!」てな感じだったんですが、外タレ2時間5000円(よく行ってた当時の価格)分ぐらい十分楽しめました。いやぁ、こういうバカアタリなライブがあるからライブハウスはたまんないなぁ。また見に行きたいバンドがいっぱいでした。

|

« 激寒長谷大池 | トップページ | 何度みても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/14319169

この記事へのトラックバック一覧です: 久々Live:

« 激寒長谷大池 | トップページ | 何度みても »