« めんてなんす | トップページ | リクエスト?にお応えして »

2007/03/03

かれえうどん

御流後の十三(じゅうぞう)は京から浪速に舞い戻った。火盗改長谷川平蔵の目を盗み、一味の台所を預かる長瀬の大飯の卯吉を頼り、新たな根城を探し城下町を東へ西へ歩みを進める。

夜も更けたころ、「小腹がすいたのう」とい十三に、卯吉はこういった。「カレーうどんはどないだっか?」

なに?かれぇうどん?それはにっくき長谷川平蔵の好物ではないか。そんなもの食えるか。い、いや、敵を知り己を知れば、ともいうな。「で、その店は美味いのか?」 「えぇまぁうまいんでっけど、麺が平蔵好みではないかもしれまへんなぁ」 「ほう、それは?」 「まぁ食ってみればわかります」

かれえうどん赴いたのは杭全の「うどん道場」なる店。なんでもここも手礼備で広められたらしく、狭い店内に客がひしめいていた。

探索中、かれぇではなく、かすうどんを食べようとしたのもあり、かすかれぇうどんを。。。と思いつつ、辛めの「ぴりかすかれーうどん」なるものを見つけそれを頼む十三。

「うーん、美味い。最近、かなり辛いかれぇばかり食しており、ちゃんと辛くないかれぇは食わないのだが、これは微妙なところだな。これ以上辛いとかれぇうどんとしてはつらい。」

さらに、かれぇうどん特有のとろみもあまりきつくない。なにせ十三は猫舌であり、熱くてとろみのきついかれぇうどんは食えないのである。

「で、これが卯吉のいうまろにぃのような麺か。確かに見た目はそうやな。細めで、表面は透明で。腰があるというよりもちっとして。だが、わしは好きだぞ。」

かすからしみだした味、それからかすの食感。十三はほぼ満足していた(ちょっと高いか?)。

「平蔵はどう判断するのだろう」

十三と卯吉はそれをきにしつつ、また浪速の夜の闇へと消えていった。。。

|

« めんてなんす | トップページ | リクエスト?にお応えして »

コメント

平蔵はどう判断するか

うどん道場のかすカレーうどんやったら
すでに去年探索済みですがな

http://blue.ap.teacup.com/angling-net-arch/109.html

うえから19番目に書いたあります
(支店が天神橋にある)
まあ
カレーうどん改め方の評価は
良くも悪くもなく
ぎりぎり合格
Average tasteということです
ただし
偏差値はめっちゃ低いです
(偏差値=実勢価格-平蔵評価額)
つまり
この店
味の割りに値段とても高いです
コストパフォーマンスほぼ最低です

投稿: ささき | 2007/03/05 23:51

あ、やっぱり?確認せんと書きましたが、
見たような記憶があったんですよねぇ(苦笑)

wogeyが「平蔵殿に味見してもらいたい」
なんていうから^^;

で、確かに私のたのんだピリかすかれーだと
1100円。確かに高いですな。800円ぐらい
までなら大満足ですが。

投稿: ごるご十三 | 2007/03/06 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/14118596

この記事へのトラックバック一覧です: かれえうどん:

« めんてなんす | トップページ | リクエスト?にお応えして »