« ようやく開封 | トップページ | 散財 (2005/11/30に書いたもの) »

2007/11/09

海底軍艦

さすがに往復4時間の通勤してるとさくっと読んでしまいます。「海底軍艦」読了。

読み終わっての感想は。。。「えぇ~、ここで終わるの?」というところ。これから大活躍、大活劇!を期待させて、海賊退治して終わりです。

ネタバレもへったくれもないだろう、という作品ですから、ちょー簡単にあらすじ書くと、欧羅巴外遊から帰国しようとする主人公、外遊先で友人と再会、そこの奥方とお子様が帰国する船で一緒に帰国することに。

その船が海賊に襲われ遭難。主人公とお子様は漂流し、無人島に漂着。そこではなんと、大日本帝國海軍のある大佐が秘密兵器を建造中、ということで、親戚だったり友人関係で繋がってたりして、建造終わるまで一緒にいて、完成して旅立とうとしたら大津波で造船所内に備蓄していた特殊燃料がなくなっちゃって、それを買うために気球を飛ばして。。。それがまた遭難して海軍巡洋艦に助けられて、その巡洋艦でお買い物にいって、合流点にいったら前述の海賊と遭遇してやっつけて、めでたく帰国。

ほんとに大活躍はこれからだろ!というところでおしまいなのが残念。調べてみると結構一杯続編があるんですね。読みたいけど、、、入手困難だなぁ。

「海底二万里」とかコナン・ドイルものとか好きな人にはいいかも。ここまででも結構どきどき楽しませていただきました。さて、次は何読むかな。「きんいろよまた(誤)」かな?

紙で読みたいかたは。。。

手がとどきそうな値段のはこれしかねぇ。続編だれかくれないかなぁ。

|

« ようやく開封 | トップページ | 散財 (2005/11/30に書いたもの) »

コメント


そうそう
先月甲子園浜でおぉたとき
ごるごアゴのラインとんがってたなぁ
きのせいかなぁ
この一年で10キロぐらいダイエットしたんちゃう?

投稿: ささき | 2007/11/09 13:29

ほんま、やせましたわ。
ウチの母ちゃんはちょっと心配してました。

投稿: Kenneth.K | 2007/11/09 13:43

>師匠
えーと。。。
東京モードのピーク時、やきとり屋台の
はちまきに月~木で通い、毎晩5合飲んで
ました。気がついたら78kgになってました。

それはまずい、と焼酎3杯に変えたり、
大阪に戻って毎日飲まなくなって、少し
戻して76kg。
この辺で安定してたんですが、会社帰りの
一人飲みの時についがつがつ食う&飲むを
やってるとお金が続かなくて、2,3品で
二杯ぐらい飲んで満足できるようになり、

それ以外でも食べる量が減って、まめに
自炊して軽く済ませるようになって。。。

気がついたら66,7kg。確かにここ1年、
いや、半年で10kgぐらい落ちたかも。
食生活の改善&食べる量の減少だけで、
特別ダイエットしたわけではありませぬ。

>けねすけくん
てなわけで、びょーきでもなんでもないです。
懐具合がやばいだけです(苦笑)

投稿: ごるご | 2007/11/10 00:01

いや、実は母ちゃんの心配は
料理作ってくれる人が必要なのではと

投稿: Kenneth.K | 2007/11/10 00:36

料理作ってくれる人の心配?
そりゃまぁ心配ですねぇ(苦笑)

でも。。。だんだんと、、、
今時のおねーちゃんより料理が上手くなってる
に違いない、と思う今日この頃。
ある意味心配ない(馬鹿)

投稿: ごるご十三 | 2007/11/10 19:01

それなら僕も心配ないっす~♪

投稿: Kenneth.K | 2007/11/10 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/17019299

この記事へのトラックバック一覧です: 海底軍艦:

« ようやく開封 | トップページ | 散財 (2005/11/30に書いたもの) »