« 2008年GW企画 4回目の大阪 『今回もお世話になります、ごるご兄貴』 その2 | トップページ | かたいのん »

2008/05/07

今期のテレビドラマ続編

えーと、見てるドラマ、どっちも3話目ぐらいに来ましたが、自分的に明暗くっきり。

「ROOKIES」は絶好調。川藤ってあんな線が細かったかな?と思ったりもしましたが、だんだんはまってるように見えてきた。勢いで久しぶりに漫画喫茶行って前半読んできたのですが、いやぁ、みんな結構はまり役。校長はかなりキャラ違いますが、ストーリー的にも、再現度が高いし、アレンジしてるところも嫌味がない。連載時、それほど真剣に読んでなかったのですが、このご時世、超直球の青春ドラマもいいもんです。

しかし。。。安仁屋、関川の二人、以前見てた「ウォーターボーイズ2」の時は、すげぇ地味で、華がねぇなぁ、と思ってたのですが、今回はかなりいい感じです。安仁屋役の市原隼人、ほんと同一人物かよって感じ。原作読んで、周りのキャラで今岡なんざ、本人だよって思ったり。

言うまでもなく、この前に同作者が書いてた「ろくでなしブルース」では、前田太尊、など、格闘技系なキャラ名だったわけですが、こっちは全て阪神タイガース関係から取った名前ばかり。主役の川藤幸一はいうまでもなくあの人なのですが、当のあの人が原作にはない安仁屋の父役で出てるのも見ものだったり。

で、もう一つは「おせん」なんですが。。。予想通り、「美味しんぼ」の劣化コピーになりつつあります。過去の恋愛ネタで涙を流すおせんさん、蛸引きの竜に対して妙なつっぱしりを見せるおせんさん。。。なんかやだ。世間的常識とかけ離れたアホさと、いざというときの強烈な切れ味が魅力なのに、、、そんなの全然見えない。

やっぱグリコさん(スポンサーの問題もあるだろうけど、TVでは違う呼ばれ方するのも微妙)が板前で、ジャニーズ系のイケメンで、すげぇ態度でかくて、、、ってのが癌だな。それに引きずられて、おせんさんとの恋愛的なものをちりばめたりしてるもんだから。。。

まぁ一応最後まで見ると思いますけど。。。

|

« 2008年GW企画 4回目の大阪 『今回もお世話になります、ごるご兄貴』 その2 | トップページ | かたいのん »

コメント

あぁ、そうなっちゃいましたか。
このレポート見てるだけでおせんを見る気はなくなっちゃいました。

もともとお気に入りの漫画をテレビ化するのは
(大概が期待はずれになるという思い込みの元)
好きじゃないのですが。

で、新聞見たらおせんって日テレでやってるのね。
フジテレビかと思ってました。
とはいえ、日テレでさらにがっくりしたのは事実。
以前に『ザ・シェフ』でがっくりしたからなのですが。

グリコさんがグリコさんじゃないの問題だし
帳簿係じゃないのも問題だし
まぁ、テレビ化するって原作者は口出しできなくなるってことなんですかねぇ。

投稿: Kenneth.K | 2008/05/07 01:02

まぁ、原作知らなければ結構ベタな
それなりのドラマに仕上がってますよ。

でも、原作知ってると。。。ツボが違う。
蛸引きの竜のあの泣けるストーリーが
かなり陳腐な話になっちゃってるし。。。

投稿: ごるご十三 | 2008/05/07 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/41118798

この記事へのトラックバック一覧です: 今期のテレビドラマ続編:

« 2008年GW企画 4回目の大阪 『今回もお世話になります、ごるご兄貴』 その2 | トップページ | かたいのん »