« 仙台旅行2008年(通算1回目)'08 12/05(Fri)その3深夜編 「GT煩方Kenne助 第3回 仙台の『a』」 | トップページ | 仙台旅行2008年(通算1回目)'08 12/06(Sat) その2 ITUと松島へ »

2008/12/10

仙台旅行2008年(通算1回目)'08 12/06(Sat) その1 親方と塩竃へ

Imgp0843 Kenneth.Kです。

じねん親方の御好意で

塩竃の市場へ同行させてもらいました。

  Imgp0851

誰が言ったか脳天直撃丼である。

いきなり出してしまうのである。

親方が鮪屋さんでくず身を買ってきて

それを市場の端にある定食屋さんに持ち込んで

飯と味噌汁を貰って、その上にドバッとである。

あとは醤油をかけてワシワシと飲み込むのである。

食べてはいけない。

脳天直撃丼は飲み物なのである。

カレーライスやマーボードーフとトロロ飯とか

そういうものと同じ系統のものであるからして

食べてはいけない。飲むのである。

『親方、脂キツイですね。』

『うん、ちょっとね。』

こんな会話をしてしまっていいのだろうか?

んー、まぁ、いっか。

親方が色々と買い物をしたり、

鮪屋さんに鮪が届くのを待ってる間に

一人でクルクル回る。グルグルほどは広くないのである。Imgp0864

脳天の裏側はこんな感じである。

これで100kgくらいの個体かねぇ。

Imgp0845 真っ黒だけどシシャモらしい。

たしかにキュウリウオっぽい顔してるかも。

Imgp0846 なめたかれい。

ずんぐりむっくりな感じが可愛い。

カレイ類はみんな白いほうを向けておいてありますね。

養殖か天然か、鮮度などを見極めやすいってことかな。

Imgp0847 ドンコとツブ貝。

ほんと、こんな見た目なのに旨いというのがパラドックス。

Imgp0848

サケ山積みです。

ナニザケかはわかんないけど。

つーか、いつもの僕の場合

このカゴにはコマセが山積みなんですよね。

食えるものが入ってるっていいなぁ。

Imgp0849サケ箱づめ。

お正月も近いしね、多分。

Imgp0853こいつらは知ってるぞ(苦笑)

この太刀魚は九州産らしい。

なかなかのサイズですぞ。

Imgp0854 メヒカリである。

これも相模湾では見かけない魚である。

旨いらしい。

でもなんか、トラギスみたいな柄なのね。

Imgp0855 色がしっちゃめっちゃかになってますけど

ホシガレイ。安いぞ。

Imgp0856 ボッケである。

なにかと話題のボッケである。

そこかしこで話題のボッケである。

なにはなくとも話題のボッケである。

ここではもう語る必要なないであろう。

ただ一つ言えることは

旨い魚であるということと

釣るのが難しい魚であるということだ。

あ、二つか。

Imgp0857 色がおかしくなってしまっているが黒ソイらしい。

心なしか目に生気の色がないようにも思う。

Imgp0858 キンキは高いのでパス。

見るからに旨そうだけども・

Imgp0859 ヤナギガレイ

大阪で干物になってる奴ですな。

Imgp0860 なんだか大きいが穴子である。

コレだけ大きいと煮物である。

Imgp0862 干物アレコレ

手抜きである。

Imgp0863

干物アレコレその2

またも手抜きである。

Imgp0866 マダラである。

なぜ鱈腹という言葉が生まれたか

これを見ると良くわかる。

つまり、ふとっちょである。

Imgp0867 金華ではないだろうけど

サバは大きいし太いぞ。

こいつは目の毒だ。

Imgp0868 鮪のご用命は佐藤商店さんへ。

自然坊と同じく

美人女将が目印です。

文字通り河岸を変えまして。。。

Imgp0871 赤間水産さんへ。

指はいってしまった。

ここに着いたらいきなり女将さんから

試食の味噌汁を貰う。

カニの味噌汁である。

冷たい空気と

脳天直撃丼が詰まった胃袋に

嬉しい味噌汁である。

すると、今年初荷のワカメが店先に置かれる。

すると親方がむんずとワカメを掴んで

味噌汁の鍋にくぐらせる。

『親方、人のとこの鍋でやっちゃっていいの?』

と、戸惑っていたら

緑色に変わって湯気のあがるワカメを持って

こっちに近づいてきて

味噌汁の椀に入れてくれる。Imgp0872

至福である。

海産物好きの味噌汁好きにとって

これ以上の味噌汁はちょっとないであろう。

おかわりして置けばよかった

ただし、箸はないのでワカメもすするのである。

Imgp0873真剣に今年の初ワカメを味見する親方。

Imgp0874

  柴犬である。

気性が激しいそうだ。

ということは猛犬である

ひっつきむしを一杯つけているが

猛犬である。

Imgp0876 親方が

『なにか欲しいものある?』

というので活シャコをお願いする。

時期でないのは知っていたけど

なかなか活けで買うことは出来ないので

お願いする。

昨日会ったばっかりの人におねだりしてしまっていいのだろうか?

夕飯の楽しみがまた増えた。

Imgp0878ドライブの際に通りましたら

赤間水産さんへぜひどうぞ。

自然坊、佐藤商店と同じく

美人女将が目印です。

仙台は美人女将が多くて

道に迷うことうけあいです。

さて、一旦、仙台駅前に戻って

親方に落としてもらったら

1日遅れで仙台入りするITUと合流です。

親方、ありがとうございました。

|

« 仙台旅行2008年(通算1回目)'08 12/05(Fri)その3深夜編 「GT煩方Kenne助 第3回 仙台の『a』」 | トップページ | 仙台旅行2008年(通算1回目)'08 12/06(Sat) その2 ITUと松島へ »

コメント

説明がないではないか!

何?説明はいらぬ?確かに。不要な説明は無粋であるな。。。


って、文字色おかしいじゃん。反転したらみえるんだが。
後で直しとくか。

投稿: 御流後の十三 | 2008/12/10 21:26

あら?見えるようになったわ。

投稿: 御流後の十三 | 2008/12/10 21:29

いま、あれこれといじってがんばりましたわ
写真と兼ね合いで見えやすくするつもりが
かえって裏目に・・・

で、説明って?
あぁ、文字色ってことね。
よめるでしょ?

投稿: Kenneth.K | 2008/12/10 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/43379345

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台旅行2008年(通算1回目)'08 12/06(Sat) その1 親方と塩竃へ:

« 仙台旅行2008年(通算1回目)'08 12/05(Fri)その3深夜編 「GT煩方Kenne助 第3回 仙台の『a』」 | トップページ | 仙台旅行2008年(通算1回目)'08 12/06(Sat) その2 ITUと松島へ »