« とある日。 | トップページ | 小出刃を・・・ »

2009/03/27

2本目の小出刃を買った。

Imgp1399 Kenneth.Kです。

小出刃を買いました。

道具のせいにするのは下世話な考え方ではあると思うのだけど

使っている小出刃

どうも今年に入ってからシロギスを捌くときに

なんだか切れないような気がして

新品を購入するつもりで金物屋に行ったわけです。

親父さんに包丁を見せると『まるっぱ』になっていると言う。

表の刃の反りがなくなってしまっているという。

包丁の刃は表も裏も凹になっているわけで、

表の刃が研ぎ方の問題で凸になってしまっているという。

これを再び凹にするにはグラインダーで削りなおすという。

それなら1本買ったほうが、早いし、安い、と言う。

というわけで、同じ包丁をもう1本。

以前は1700円で買ったのだが、時代の流れにより2200円で購入。

なに、勉強だと思えば安い安い。

というわけで、これまで使っていたものと、新品を見比べる。

Imgp1394 左が新品。

右が3年もの。

刃の形が変わっている。

細くなってますな。Imgp1398

おお、確かに小さくなっている。

線は新品のカーブ。

包丁が3年もの。

年間に30回程度研ぐとして

2005年から約100回研いで

これくらいということですね。

ほとんどはキスを捌くのに使いましたが

アジ、サバ、スズキ、1kg未満の鯛、1kg未満のカツオ

これらを釣って捌いてきた結果です。

そう考えると結構使っていると考えていいんじゃない?

Imgp1400 写真の撮り方にも問題がありますが

上が3年もの、下が新品。

刃の角度も確かに違う。

刃のつけ方も違うのもあるんですが。

それと、実際に刃を触ってみるとよく分かるのですが

新品は確かに刃が凹になっているが

自分で研ぎ続けた3年ものは刃が凸になっている。

この刃が凸なせいで、刃先の当たる位置が変わってしまい

切れ味に影響するのだと金物屋の親父さんは言うのである。

そうなることを防ぐためには

1.刃の裏を砥石にべったりつけて研いで、カエリを出し、

2.それから表を角度をつけて、サッと研ぐ。

という方法があるという。

手間の掛かる方法なので

一般的には表→裏という順で研ぐ方法を薦めてはいるそうですが。

やってみようと思って

砥石を水に漬けて、この記事を書いているのですが

やっぱりやめておきます。

もうちょっと調べてから新品の研ぎに入ることにします。

じねん親方にも聞いてみやう。

とりあえず、現時点で参考にしようとしている研ぎ方はこちら。

いやいや、やっぱり刃物は奥が深い。

|

« とある日。 | トップページ | 小出刃を・・・ »

コメント

表が凹ってことはないよー
平らなだけです
凹になんて、砥ぐこと自体不可能です
あ、
出来るコトはできますが
意味がありませんよ

真っ平らに研ぐ
したら、めくれてくるから
裏砥ぎをする

でもね
小出刃は少々丸っ刃の方がイイですよ
この出刃、薄いでしょ
だからね、真っ平らに研ぐと
欠けやすくなります

写真で見る限り
刃の切る部分のトコロが
光を反射して線になってるでしょ
そこが丸っ刃なのです
新しいのと光の反射を比べてみてください

同じように、角度を変えずに砥げば
柔らかい刃ですから
すぐに修正できます

裏はあまり砥ぎ過ぎると
それこそ凹が無くなってきます
凹が無くなったら切れないようになりますから
砥石に面をピッタリ当てて、軽くアテル程度で良いですよ

裏を見なきゃわからんけろ
まだまだ使えます

こんだ、あと4000円?足して
身の厚い小出刃を買いましょう

全然違いますから!^^

庖丁屋のおっちゃん
商売うまいなー
こんなん、簡単に
10分で砥ぎなおしできるでよ^^

ま、
騙されるのも人生勉強です
がんばてください
がんばてください

庖丁を使う方のおっちゃんも
今日はメヒカリ小出刃で開きもって
(あ、高い方の小出刃でね^^)
応援しております

投稿: じねじね親方 | 2009/03/27 14:38

い!?
が、がび~ん。

詳細はのちほど。

投稿: Kenneth.K | 2009/03/27 15:07

刃長120ミリ
厚みが7〜8ミリ
というのが
4000円位と6000円後半
うーむ。

鰺切ではなく
『出刃の小さいヤツ』
ということらしい。
刃の厚いのをみてみたらこうなりました。

ちなみに今のヤツは
刃長105ミリ
厚みが3〜4ミリくらい?

親方の言う、厚みがあると良いというのは何のことなのだろう。
頭が落としやすいとか?

投稿: けねすけ@金物屋 | 2009/03/27 17:43

うちのも厳密には二本目なんですよね。
一本目はホームセンターで買ったやつ。
こやつは。。。釣り場に持ち込む用にしようと
おもとりますが、まだもってったことないです。
明日もってくかなぁ。

投稿: ごるご十三 | 2009/03/27 18:01

刃が厚いと
なんちゅーか、
操作がし易いです

例えるならば

鉛筆を削る時

まっつぐではなく、えぐるように削るでしょ
凹の削りRをね、つけながら

カミソリでも削れますが、刃が薄いため
直線的になりがちです

ソコを
肥後ノ守やら、身のあるナイフで削ると
滑らかなRが保たれる

ソレはナゼかと聞かれたら
小手先に力が入れやすいから、
刃の角度が思うように操作できる

へ?
説明の仕方と
例えが一向に判らん?

まぁ
ボクもナンです
ねぷくてわけわからん...

投稿: じねじね親方 | 2009/03/28 03:43

じねん親方>
あるがとうございます。
その後、金物屋さんと再検討の末、別の品を購入予定です。
先に挙げた120mm、刃厚7mmくらいのものになりそうです。
値段が違うのは鋼の差ではないかと思うので聞いてみます。

例えの方は十分に理解できると思いますよ。
忙しいと聞いております、
ゆっくり寝てくださいませ。


ごるごアニキ>
釣りに持ってくのはやめたほうがいいんじゃない?
ステンレスじゃないとすぐ錆びるよ?
ペンチとかだってすぐ錆びるじゃん。

投稿: Kenneth.K | 2009/03/28 15:18

持って行くのはホームセンターで買ったステンの
ほうだよ。

結局昨日はもって行かなかったんですが、料理する時間が
ない感じで、だらだらと釣れ続けたんで、もってっても
使わなかった感じ。

投稿: ごるご十三 | 2009/03/29 13:11

あぁ、了解です。
鞄から出さなければさびないのかなぁ。

投稿: Kenneth.K | 2009/03/30 14:45

ふっかいなー、このコメント群。
勉強になりやす。

投稿: いたる | 2009/04/07 01:43

あ、いやいや。
いたるさんにそう言ってもらえるとは。

でもねぇ。
もとはといえば僕の不勉強から始まったことだし。。。

投稿: Kenneth.K | 2009/04/17 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/44480100

この記事へのトラックバック一覧です: 2本目の小出刃を買った。:

« とある日。 | トップページ | 小出刃を・・・ »