« 小出刃を・・・ | トップページ | パン開けた。(2009/1/21) »

2009/03/30

ハチノス煮てみた。

Imgp1393 Kenneth.Kです。

ふしぎ~の くにのトリッパ~♪

(これってなんの曲だっけ)

かときっち。さんがハチノスを煮込んでたので

パクるわけです。

詳細なレシピはかときっち。さんのサイトでご確認ください。

と、まぁ、そういうわけで

いつもどおりにザックリと。

・まず、ハチノスを適当な大きさに刻む。

このときに『ハチノスにしてやるぜ。』

と、呟いてはみたものの

穴をあけるわけでもないし、銃を持ってるわけでもないので

ギャグにならないことに気づく。

まだまだだ。

・刻んだら、沸騰したお湯に入れて10分ほど煮る。

ハチノスが縮んで、アクが出てきたら火からおろして水洗い。

一切れつまむ。

32kgのキハダの胃を食べた際に

『100kg越えたら歯に悪いな。』

とは、思っていたのですが、そんな感じの固さ。

さすがは牛である。

大きい上に草食動物なだけはある。

・野菜を刻む。

今回はタマネギと人参とニンニク。

セロリは在庫がなかったので割愛。

(さぼるともいう。)

・野菜を炒める。

圧力鍋に油を引いて野菜を炒める。

・野菜がしんなりしてきたら白ワインを入れる。

白ワインが飲み残しのドイツワインだったので

度数が低いのを懸念して(uso)

フォアローゼスも少々。

・茹でたハチノスを投入。

・トマトの缶詰も投入。

もちろん開封してからである。

2年半くらい賞味期限が過ぎていたが缶詰だから平気であろう。

・全材料が浸かる程度まで水も追加。

・各種スパイス類を投入。

ウチにはドライのオレガノも、タイムも、バジルも、ローズマリーも、ローリエもなかったのに

なんでフレッシュのミントがあるのだろうか。

というわけで、入れたのはミントだけ。

・圧力鍋で圧をかける。

これで中火で30分・・・と思っていたら

焦がしてしまいましたよ。

間違えて強火になってやがんの

幸い、気づくのが早かったので事故にもならず

トリッパも回収できたので、なんとかなりましたけどね。

Imgp1414そんなわけで出来上がり。

バゲットがないからクラコットで。

焦げ臭いこともなく

普通に食べられますな。

スパイス類が足りないのと

コンソメを使わなかったので

ややアッサリめですが十分に旨いと思える範疇でした。

Imgp1378さて、このハチノスですが

かときっちさんは苦労して購入したようです。

たしかにモツ類の中では珍しいほうで

平塚では見かけませんが

僕の勤務先である蒲田では駅ビルの地下の食品売り場で

こんな風に量り売りしてます。

とにもかくにもさすがに蒲田である。

こんな風に売っているのは他に沖縄しかみたことないぞ。

ちなみに豚タンの付け根や、牛フワなどもここで量り売りしてます。

また、なんか買おっと。

|

« 小出刃を・・・ | トップページ | パン開けた。(2009/1/21) »

コメント

蒲田最高!
いいなー蒲田。ユザワヤも沢山あるしさー。
意外と家から遠くないんだよねー。
探索に行ってみっかなぁ~。
で、ハチノス安かった?

圧力鍋強火はいけません。
必ず中~弱火ですわよ、奥様。(あ。違った^^;
でも、さすがの食いしん坊。
すぐに作ってみてくれるところが食いしん坊主婦の心をくすぐります。うふっ♪

投稿: かときっち。 | 2009/03/31 11:31

100g 158円です。
相場はよく分かりませんが高いものではないと思います。

蒲田にはユザワヤもいっぱいあるし
羽根つきギョウザの店もいっぱいあります。


心をくすぐりをしますが
それで終わってしまうのが難なワタクシです。

投稿: Kenneth.K | 2009/04/02 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/44490211

この記事へのトラックバック一覧です: ハチノス煮てみた。:

« 小出刃を・・・ | トップページ | パン開けた。(2009/1/21) »