« えいが。。。 | トップページ | またも。。。 »

2009/04/07

F.A.R. SideB: シロギス通信教育 第4回 『餌つけがキモ』

Kenneth.Kです。

えーと、一時期は良かったと思われたシロギスですが

ここのところ、また渋い日があります。

そんな渋い日こそ餌つけが問われてきます。

というわけで、今回は餌つけについてのお話を。

ここから先はジャリメ(イシゴカイ)を切って、針につけた写真が出ます。

苦手な方は見ないようにお願いします。

Imgp1441 これが一番基本的なつけ方ですね。

※針はキス競技用ヒネリの8号

1.アピールが強くて

2.食い込みやすいこと

アピールが強いために餌が大きいこと

食い込みやすいためには餌が小さいこと

この2つの条件をクリアするためには

全長は3cm程度

タラシは1cm以下

というセッティングになりますかね。

頭の黒くて固いところも取ってしまいます。

んで、ここ最近の渋い状態ではさらにタイト目なつけ方で

タラシが5mm以下

というわけで、写真のようなつけ方になるのです。

タラシが長いと先っぽだけをくわえて終わってしまいます。

最初にくわえたところに針先があるように

餌を針のチモトの上までしっかりと通し刺しにします。

これができているのと、そうでないのでは大きく違ってしまうわけです。

枯れっぺさん、asaさん、4/10(Fri)に行った際に渋かったら

餌つけをめんどくさがらずに丁寧にやってみてください。

それだけできっと変わってきますから。

|

« えいが。。。 | トップページ | またも。。。 »

コメント

写真付きでの説明、ありがとうございます!

って、、、渋いの??

投稿: asa | 2009/04/07 04:57

渋いかもしれません。
日曜日も行ってきたんですが46匹でした。
平均すると20匹/一人でしたし。

あとは写真にはないですが
『頭をとって1匹がけ』
で、型のいいのが連発するパターンがあります。
この場合はタラシが長くてもいいです。
使い分けてください。

誘い方としては
オモリを底につけて立っている状態を維持するイメージのパターンと
カワハギ釣りのようにボトムで叩くように動かしてから
スーッと30~50cmくらい聞き合わせるパターンが有効かと。
これも使い分けです。

投稿: Kenneth.K | 2009/04/07 09:20

うーーん、難しなぁ。

目が悪いので、細かな作業ができないかも。
とりあえず酔わないように酔い止め薬と、老眼鏡を持って・・・。

平均の20尾で、我が家は十分な釣果なんですけど。

がんばろう。

投稿: 枯れっぺ | 2009/04/07 13:21

asaさんのブログを見ましたが
十分すぎるほどの釣果があったようですね。

よかったです。

あの感じですとあまり餌つけは問われなかったんでしょうかねぇ。

投稿: Kenneth.K | 2009/04/17 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/44583021

この記事へのトラックバック一覧です: F.A.R. SideB: シロギス通信教育 第4回 『餌つけがキモ』 :

« えいが。。。 | トップページ | またも。。。 »