« 春鹿『南都霞酒』 | トップページ | フリームス »

2009/05/08

北海道旅行2009年(通算1回目)'09 04/10(Fri)  函館自由市場

Imgp1599 Kenneth.Kです。

そういうわけで翌日は寿司屋で教えてもらった函館の自由市場へ。

こちらは寿司屋さんも使っているという魚屋さんの店先。

呼び込みないし、カニ以外のものも売ってるし

僕らはこれを求めていたのだよ。

    Imgp1597 なんかカレイ。

ヒラメじゃないよね?

(なにを素人みたいなこと言ってんだか)

Imgp1598 ウニもカニもエビもてんこ盛り。

Imgp1600 立派なメヌケだこと

Imgp1601 釣りサバってこんなにするのか?

隣の天然真タイの立場がないではないか。

で、一箇所魚屋さんを起点にしたら

そこで帆立と毛蟹とを宅急便にしてもらう。

でもって、他の魚屋さんでホッケの開きと、ハッカクの開きを買って

Imgp1596 八百屋さんでアスパラと行者にんにくを買って

振り返ったら、向かいの乾物屋のおばちゃんに

『そっちの眼が綺麗なお兄ちゃん、うちでも買ってきなさいよ。』

と、言われてしまい

干し貝柱の壊れたヤツと、でかい干しイカ(剣先のスルメか?)まで買ってしまう。

まぁ、女性に『目が綺麗』と言われてしまってはねぇ。

本来ならかなり状況を選ぶ台詞だとも思うのだけど。

と、それだけ抱えて魚屋さんに戻ったら

一緒に宅急便にしてもらう。

親父達へのお土産ミッションが終わったら

ヤリイカとボタンエビが入ってきたので、朝御飯用に購入。

『市場の奥に行って喫茶店で待ってて、出来たら持っていくから

定食屋もあるけど、そっちは持ち込みとか融通利かないから

喫茶店だよ。』

と、言われる。

なんだかよく分からないのだが喫茶店の前で待っていると

イカとエビがお刺身になって到着。

魚屋さんが

『ご飯と味噌汁だしてあげて、あとよろしくね。』

と、喫茶店のマスターに言い残していく。

というわけで

Imgp1603 朝からイカ刺しとボタンエビなど。

いや、もう、

透明感の残るヤリイカが旨くって。

ご飯もおかわりしちゃうし。

Imgp1607ミソの形が綺麗なのは新鮮な証拠ですな。

剥いておきながら殻まで食べてみる。

さすがに棘が痛かったです。

いや、函館の喫茶店のモーニングはすごいですな(違)

メニューを見たらトーストとかありましたけどね、もちろん。

Imgp1608てなわけで、コーヒーも頂く。

喫茶店だものね。

しばし、マスターとおしゃべり。

帰り際、マスターが名刺をくれる。

バーで名刺を貰ったことはあるけど

喫茶店で名刺を貰ったのは初めてだ。

なにかの際には電話をかけてくれれば

適当に魚も野菜も選んで送ってくれるという。心強い。

ふーむ。

眠くなってきたので席を立つ。

市電をトコトコ乗って終点まで。

Imgp1612 谷地頭で温泉に入る。

ここの露天風呂になっているところで

男性の3人組が話しているのが

聞くではなしに聞こえてくる。

『あいつがよ、なんか先に出てったと思ったら、オレがやろうと思った根の上につけてやってやがってよぉ。』

もしかして漁師さん?

『アレは最近なにとってんすか?』

『マスだって言ってたけどなぁ。』

うわわ、これはやっぱり漁師さんだよ。

うーむ、漁師というのは外でみると

こんなにおっかなくみえるのか、

うーむ、気をつけよう。くれぐれも気をつけなければならない。

漁師町に住んでいるせいか。漁師さんに慣れてしまっているからなぁ。

この谷地頭の温泉施設の座敷で30分くらい熟睡。ちょっと油断しすぎたね。

この温泉、設定温度が若干高めなので入る際には気をつけてください。

またトコトコと市電に乗って、函館市街に戻ったらお昼ご飯を

Imgp1613 塩ラーメン。

函館を回っていて分かったのですが

昨日の店は間違いだったんですよ

どうりで向かいが寿司屋さんじゃないはずですよ。

昨日の行った店は

『王さん(わんさん)』

という店だったのですけどね。

教えてもらっていた店は

『汪さん(わんさん)』

という店だったのです。

これがまた近くにあるもんだから間違えたわけで。

この写真は『汪さん(わんさん)』の塩ラーメンなのです。

こっちの方が塩味が強くて好みかな、と。

Imgp1615 ホテルに戻る途中の看板。

シイラか?

獲れるのだろうか?

Imgp1614 おなじくホテルに戻る途中の港にて。

ここで釣りをしている人がいたので

声をかけてみる。

ルアーを投げてマスが釣れると言う。

サクラマスだという。

港に鰯が入ってくるので、それを追いかけて

サクラマスも港に入ってくるという。

おいおい、それじゃあ、こっちの方のスズキの感覚だよ。

でも、今日は鰯も入ってきていないのでサクラマスも釣れないという。

うむ、魚を見たかったが釣れていないのでは仕方がない。

さぁ、ホテルで荷物を受け取ったら、札幌にもどりますか。

Imgp1616

札幌へと移動中。

札幌でチェックインや夕飯を済ませたら

Imgp1636バー やまざき へ。

業界最高齢88歳のマスターの店である。

Imgp1637 ジントニックを頂く。

置くに写るの山崎マスター。

いつまでもお元気で店にたっていてもらいたいものです。

その後、ジンフィズとホワイトレディを飲んで退席。

隣の客があまりにも五月蝿かったのと

お店も全体的に混んでいる様だったので

たまには良いお客さんをしておかないとね。

と、そんなわけでホテルに戻って寝るのである。

明日は小樽へと続きます。

|

« 春鹿『南都霞酒』 | トップページ | フリームス »

コメント

なんや
谷地頭温泉はいってるやん
そやねん
ここ
昼間から漁師のたまり場やねん
恐い顔したオッサンばっかりで気が引けるけど
ボクが入っていくと
みな
場所を譲ってくれるねん
なんでやろ
彫り物も刀傷もなんにもないのになぁ

投稿: sa-sa-king | 2009/05/10 10:43

よいなぁ。ほっきゃーどー旅行。
サバと鯛が300円しか違わないなんてびっくり。
そして喫茶店への刺身もちこみもびっくり。
味噌汁とご飯代は払ったの?
目のきれいなお兄さん(笑)。
「はいはい」って答えて買い物してる姿が目にうかぶ。

投稿: しゃち | 2009/05/13 11:02

sa-sa-kingさん>
そうです。
温泉に入っておりました。
彫り物も刀傷もないのに譲ってくれる。
なんででしょう?
目つき?

しゃちさん>
味噌汁とご飯2杯代とコーヒーは払ったことになってるはずです。
1500円くらいだったかなぁ。
で、眼に浮かびますか、そうですか。
なんだか買わされてしまった感がつよいのですけどねぇ。

投稿: Kenneth.K | 2009/05/15 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/44939465

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行2009年(通算1回目)'09 04/10(Fri)  函館自由市場:

« 春鹿『南都霞酒』 | トップページ | フリームス »