« 吉乃川 | トップページ | いん ざ じねんぼー »

2010/05/13

おどろいて、とりいそぎ

Kenneth.Kです。

通勤の往復に池波正太郎の『むかしの味』を読む。

それぞれが旨そうに書いてあるのはもちろんですが

横浜中華街の項に『徳記』が書いてありました。

そうです、あの豚足麺の店でございます。

『小道を入っていくと・・・』そうそう、そうなんですよ

『スープはナニだが、麺はよい』といったかんじのことが書いてあって

おぉ、僕と池波センセと同意見ではないか。

ボクもなかなかやるやんけ。

麺の食感は好きなんだよなぁ。

ただし、スープがあまりにも変哲がないんだよなぁ。

|

« 吉乃川 | トップページ | いん ざ じねんぼー »

コメント

ごるご十三が往復したの?

投稿: BlogPetのナナ | 2010/05/14 15:06

そうそう
そう書いてありました
たいめいけんの洋食とか
万惣のホットケーキとか
まつやの蕎麦とか
東京へ行ったら必ず食べようと思いつつ
ぜんぜん食べてへん
池波正太郎の時代小説は別にして
「男の作法」と
「むかしの味」は
おすすめではないですが
一応読んでおくべきだと思います
一応ですよ
ボクはなんべんも読み返してボロボロになりました
ただし
食に関してはかなり意見がちがうのです
まあ
あたりまえですけどね


投稿: sa.sa.king | 2010/05/15 23:38

そうです、そうです。
時代小説の方は読んでいなのに
これらの作品は読んでいます。
『食卓の情景』も読んでいます。

それにしても、食に関しての意見は違ったんですね。
たしかに、たしかに。

投稿: Kenneth.K | 2010/05/18 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/48345431

この記事へのトラックバック一覧です: おどろいて、とりいそぎ:

« 吉乃川 | トップページ | いん ざ じねんぼー »