« 呑喜帆亭 | トップページ | 絶望した! »

2010/05/16

ちょいと早いうなぎ

Rimg0001 いつものうなぎの季節にはちと早いのですが、というか、自分で釣ったわけではなく、例会で親父が釣ってきたメーター級、脂のりまくり天然うなぎの蒲焼と、これまた40ぐらいあるアイゴの刺身を作ってみました。

となりますと、予告済みながら、まだ予告の結果が出てないのに春鹿を開けてしまったわけです(苦笑)。

血抜きもしてないし、ワタも出してなくて、さばきながらその匂いに閉口したアイゴですが、さばいてしまえばその匂いもなくなり、さらにおかんの機転で、ちょいと氷水にさらして洗い状態で、さっぱりぷりぷりに仕上がった刺身はなんとも上品なお味。

うなぎのほうは。。。もうちょっと皮目をしっかり焼けば、という若干残念な点はありつつも、厚みが凄いので、しっかりと旨くて、去年から秘伝(wなタレを増量して、また頭と骨を焼いたやつでだしもとって、アバウトに作ったわりにいい感じのタレが出来上がり、結構うまうま。

酒のアテ的には、綺麗にさばけず、身がたっぷりついた骨を、しっかり焼いて、タレと一緒に煮込んだ状態になったやつがまた旨くて。。。とにかく酒が進みました。

本番まで残ってるんだろうか(苦笑)

|

« 呑喜帆亭 | トップページ | 絶望した! »

コメント

あいごのむこうはうなぎのあたまやね

投稿: sa.sa.king | 2010/05/17 00:18

頭、骨(さばき方ヘタなので身がたっぷり)を焼いて、
タレ作りのだしに使ったのですが、骨に残った身が思いの他
おいしくて、そのまま食卓へ。。。

頭は残った身だけいただきました。うまかたです。

投稿: ごるご十三 | 2010/05/17 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49533/48377042

この記事へのトラックバック一覧です: ちょいと早いうなぎ:

« 呑喜帆亭 | トップページ | 絶望した! »