2014/04/22

風と共に去りぬ

Kenneth.Kです。

映画を観ました。
名画と名高い『風と共に去りぬ』です。

結論としては好きじゃないです。
もう一回見ようとか、いまのとこは思わないです。

続きを読む "風と共に去りぬ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/12

[映画]緯度0大作戦

つくづく、二十一世紀の子供は不幸である、と思う。だってこの映画とか、素直に楽しめないと思うもの。

お部屋片付けモードの中、その昔読売TVで特集でやってた日本特撮映画シリーズのビデオを廃棄すべく、可能なものはレンタルしてきて、と思った中、ゴジラシリーズ以外はほとんどないのよね。で、ゴジラシリーズは箱で持ってるわけで、それ以外を発掘して見つけた中で、いくつか借りてきた。もうちょっとあったので、もう一回ぐらいはレンタル予定だけど。

その中で、これは見た記憶がなかったので、とにかく見てみた。

いやぁ面白い。先に述べたように。。。21世紀の子供、いや少年には受けないでしょう。当時の空想科学ものは。私だって潜水艦戦闘シーンに関しては「沈黙の艦隊」読んだ人としては「なんじゃこりゃ」の世界ですもの。

そういう意味では、「海底二万里」を少年時代に読めたことをうれしく思う。そしてその延長線上にあるこの映画が本当に楽しめた。今の少年には無理だろうな。

ほんと、「海底二万里」の延長線上にあるこの映画を堪能した後、特典映像でいろいろみたら、当時画期的だった日米合作で、いわゆるハリウッドスタイルとの戦いがいろいろとあったらしい。実質日本人キャストが宝田明と平田昭彦のみで、微妙なのが岡田真澄、という感じ。撮影自体英語で行われたらしく、口の動きと声がずれまくりなのは愛嬌なのですが、、、とにかく面白いね。

東宝に限らず、ゴジラにこだわらず、こういう大人も楽しめる特撮映画って、もう作れないのかな。まぁ、このご時世、多かれ少なかれ特撮やCGは使ってるわけだけど、冒険活劇的なものってさ。。。あ、いろいろあるか。自分が見てないだけで。でも見る気がおきないのよね、例のデビルマンにしろ、キャシャーンにしろ。。。それ以外のものにしろ。

だから結局安パイでウルトラ&ライダーしか見ないわけで。。。

20世紀には存在した、宇宙なり深海に対する夢、そして、そういうものに憧れた20世紀の少年たち、見てない方は一回見る値打ちあり。上記リンクのほうは3バージョン入ってるらしいのですが。。。レンタルしてきた自分は国内版のみしかみてません。ちょっとそそる一品です。

ま、今時のSF的映画からするとしょぼいですけどね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

えいが。。。

食料品店、釣具屋、酒屋、そしてホームセンターやら本屋、そういうもんではない、いかにも「おでかけ」的な「お買い物」はあんまりしない今日この頃。人ごみも嫌いになったし、服とか、ちょっとこじゃれた買物に、難波や梅田にでていくのが面倒。

そういうわけで、そういうお店を冷やかすのは、年に2,3回見に行く映画の際に、大日、もしくは茨木のマイカルということになる。この年に2,3回というのは、、、仮面ライダーとウルトラマンと、ゴジラと、、、後一つぐらい、という、まぁだめ人間なわけですが、今シーズンは。。。ヤッターマンだったり、旭山動物園だったり、いくつか気になるものがあって、、、どうしたもんかと。あぁ、ドラゴンボールはパスです(苦笑)

もちろん絶対に見に行かねば、と思ってたのは「釣りキチ三平」なわけです。本当は土曜日に行こうと思ってたんですよ。釣りいくにしても雨予報だったし。が、調べてみると大日ではやってない。茨木までいかねばなりません。しかも。。。一日一回上映で、18:50から。。。なんでや?

大体、昼過ぎぐらいの回を抑えて、昼飯食ってから見るか、もしくは帰りに飯食って、少し買物して、というパターンなんですが、映画前に買物して荷物増やすのもいやだし、かといって終了が21時近い状態で、帰りに買物もないだろう。。。車で行って見終わってからそのまま釣りに、、、とかも考えたんですが挫折。

そういうわけで本日日曜に行ってきました。ネタバレは避けますが、って三平を良くしってる人なら避ける必要もないストーリーであります。まず言えるのは、、、期待以上です。過剰ではないものの、そこそこ期待が大きかったので、それを少しでも上回ってくれたのはうれしい限り。

続きを読む "えいが。。。"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/02/14

雨に唄えば

Kenneth.Kです。

今までにTVなどで名作ということでうたわれ

その存在は知っていた。

でも、あのシーンだけ。

ということだったので

改めて1本丸々見てみたわけです。

続きを読む "雨に唄えば"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/11/29

リバーランズスルーイット

Kenneth.Kです。

釣り映画っちゅうわけで。

続きを読む "リバーランズスルーイット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

今期のテレビドラマ続編

えーと、見てるドラマ、どっちも3話目ぐらいに来ましたが、自分的に明暗くっきり。

「ROOKIES」は絶好調。川藤ってあんな線が細かったかな?と思ったりもしましたが、だんだんはまってるように見えてきた。勢いで久しぶりに漫画喫茶行って前半読んできたのですが、いやぁ、みんな結構はまり役。校長はかなりキャラ違いますが、ストーリー的にも、再現度が高いし、アレンジしてるところも嫌味がない。連載時、それほど真剣に読んでなかったのですが、このご時世、超直球の青春ドラマもいいもんです。

しかし。。。安仁屋、関川の二人、以前見てた「ウォーターボーイズ2」の時は、すげぇ地味で、華がねぇなぁ、と思ってたのですが、今回はかなりいい感じです。安仁屋役の市原隼人、ほんと同一人物かよって感じ。原作読んで、周りのキャラで今岡なんざ、本人だよって思ったり。

言うまでもなく、この前に同作者が書いてた「ろくでなしブルース」では、前田太尊、など、格闘技系なキャラ名だったわけですが、こっちは全て阪神タイガース関係から取った名前ばかり。主役の川藤幸一はいうまでもなくあの人なのですが、当のあの人が原作にはない安仁屋の父役で出てるのも見ものだったり。

で、もう一つは「おせん」なんですが。。。予想通り、「美味しんぼ」の劣化コピーになりつつあります。過去の恋愛ネタで涙を流すおせんさん、蛸引きの竜に対して妙なつっぱしりを見せるおせんさん。。。なんかやだ。世間的常識とかけ離れたアホさと、いざというときの強烈な切れ味が魅力なのに、、、そんなの全然見えない。

やっぱグリコさん(スポンサーの問題もあるだろうけど、TVでは違う呼ばれ方するのも微妙)が板前で、ジャニーズ系のイケメンで、すげぇ態度でかくて、、、ってのが癌だな。それに引きずられて、おせんさんとの恋愛的なものをちりばめたりしてるもんだから。。。

まぁ一応最後まで見ると思いますけど。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/25

今期のテレビドラマ

えーと、いわゆるTVドラマというやつは、たまたま一回目をみちゃって、そのままずるずると、というのぐらいしか見ないので、ちょっと前の「のだめ」ぐらいかなぁ、最初からまじめにみたのは、と。まぁこれも原作は後だったんですが。

が、今回の改変では、どうしてもチェックしなければ、というのが1+1。

一つは「おせん」。これはここ数年でトップクラス、と思う原作ファンだから。でも、これ。。。TVでやるの?という疑問点一杯。で、誰がおせんさんやるの?ゑ?蒼井優?うーみゅ。。。蒼井優は「タイガー&ドラゴン」でちゃんと見て、それ以降、あちこちでみて、確かに昨今すばらしい若い女優が一杯出ている中でもかなりのレベルという評価はしてる。でも。。。おせんさん?まぁ、おせんさんをやるにふさわしい女優なんて、正直思いつかない。古今東西探しても。まぁ、こういうのが原作ファンの常に思うところだったりするんですが。。。あのえろてぃっくな部分、時折見せるきりっとした表情を考えると。。。蒼井優より蒼井そらのほうが、と思ったり思わなかったり。ちゃんと演技できるんなら安田美沙子なんてのもありかもな、とか。

で、録画したまま、まだ見てなかったんですが。。。ようやく見終わりました。微妙に。。。劣化「美味しんぼ」になるような気がしますが、まぁネットでぼろかす言われてるよりは見られたかな。蒼井優の「おせん」さんには納得いってないけどね。それなりにドラマはちゃんとしてるし。グリコさんを板前にするのは、ただの料理ドラマに成り下がる伏線にも見えますが。。。(ここ重要。一升庵とおせんさんが思想、である以上、ただの料理対決ドラマになったらカス)。

「合理的!」とか当の蒼井優がやるEONカードのCMやほんだしのCMが入るのを見て、「それってなんてギャグ?」と思ったりするんですが、まぁとりあえずぶちきれるほどではなかったので、一応続きを見ようかと。

続きを読む "今期のテレビドラマ"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007/03/14

レオマ!

「レジャーは俺に(ry」とかいう妙なこと言った人が作った遊園地とはなんの関係もございません。

「レオ祭り!」

の略です。レオちゅーてもライオンズでもジャングル大帝でもおまへん。

「ウルトラマンレオ」

です。

これを買ったのです。Amazonではなく、円谷公式サイトで。どっかのニュースサイトで、先月中にDVDを買うとおまけがついてまして、そのおまけが欲しくて。。。


Rimg0060 科特隊のバッチ。アンテナも伸びます。

で、せっかくなので勢いで。。。もう少し前にこれまたどっかのニュースサイトで紹介されてて、めちゃくちゃ欲しかったものを。。。。


Rimg0055 レオリング。これはメビウスにレオがゲスト出演した際に、真夏竜氏の指に合わせて作られたものの完全レプリカ。えぇ、そこそこなお値段でした。でもね、欲しかったのよね。

今回のメビウスへのゲスト出演の回、とんでもなく燃えました。DVDも少し前に出たときに欲しいなぁと思ってたんですが、これが決定打になりました。

多分、タロウと並んで、関西ではほとんど再放送されていないレオ。記憶にあるのは1回だけ。それもちゃんと見られなかったし。だから美化されてるのかもしれないけど、とにかく当時から、ウルトラシリーズで一番好きなのだ。

1968年生まれということで、セブンと同い年の私。リアルタイムは新マンからだ。だから私の世代は微妙で、セブン信者とAまでぐらいを全般的に好きな人との間。確かに一番再放送でも見た初代、セブン、新マン、この3作のクオリティは凄い。でも、少し自分のものじゃない気がする。Aは。。。当時の男の子にとって、女性と一緒に変身、ってのは気恥ずかしいものだった。もちろんウルトラ兄弟たっぷり出てくるのとか、すげぇ楽しみにはしてたのですが、結局のところ、再放送の記憶。タロウは。。。なんかあんまり覚えてなくて、小学校1年ごろで、ちゃんと意識して、記憶しているのがレオなのだ。

かなりエキサイトしてみてた気がする。そして、「次はどんなウルトラマンだろう」と思ったら予告に出てきたのは。。。「ライディーン」(確か)。ショックでした。

後に記憶をたどったり、いろんな情報を元に考えると、とにかくウルトラシリーズ唯一の、深刻で、ハードな内容。タイプはさておき「ネクサス」に匹敵するぐらい異端なのではないか?M87星雲光の国から、偶然だったり、任命されてやってくる兄弟たちとは違い、故郷の獅子座L77星をマグマ星人に滅ぼされ、地球に逃げてきた(たしか)王子。光の国の方々と比べ、光線技がなく非常に弱い。身体能力はずば抜けているわけですが、それを鍛えるために、変身でくなくなったMACの隊長モロボシダンに特訓されまくる。えぇ、特撮ヒーロー時代からスポ根アニメの時代になってきており、その影響ですが。さらにMAC基地が壊滅し、最後は完全に一人で戦ったり、生き別れの弟アストラとの感動の対面であったり、ウルトラ兄弟を敵に回したり。。。

とにかくそういう印象。で。。。

続きを読む "レオマ!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/02/27

オールレンジ攻撃

今日うちに帰ると。。。こういうものがドアに挟まってました。

Rimg0001_1 ♪さっがわきゅーびんの~

不在連絡票です。入ってるだろうなぁ、とは思ってたんです。niroさんちに出してた注文の発送通知が昨日着てて、会社から配送状況確認してたんで。

でも。。。「ペンタックスniro1.com」って何よ。いつの間にかniroさん、ペンタックスに吸収された?んなわけないよな。ペンタ自体、HOYAに吸収されるらしいってのに。

あ、そういうことか。たまたま荷物が二つにきたのね。たしかにK10Dのキャンペーンで、SDメモリとケースのプレゼントに応募してたんだわ。

さて話は変わって、、、最近風呂が長いんです。しかもマメに入ってるんです(おいおい)。水がもったいないのと、めんどくさがりなのと、気がつくと深夜になってるのと、でこの季節だと2,3日に一回ペースだったり、シャワーだけになったりするんですよ。ところがこないだの重曹のネタを仕入れたとこで見た風呂の話を見てて、ちょっと入り方変えて、まめに入って。まぁ帰宅時間が比較的早いこともあるんですけど。

で、阪神欲、いや半身浴ではないんですが、少しぬるめでゆっくり入ってると。。。退屈なんですよね。できたら音楽聞きながら入りたいよなぁ、って。防水CDラジカセでも買おうかとか、iPod用の防水スピーカー付きの側つけるか、とか。。。でも、せっかくうちにいるんだから、iTunesの再生がいいじゃないですか。だから防水ラジオをもちこんで、FMトランスミッターで無線で飛ばして。。。と考えてました。先月から考えてたのですが、何せ金欠で。今月の給料が出たら、と。

でもねぇ、やっぱねぇもったいないなぁと。そこで思い出したのがniroさん。うちはここの一世代前となるniro400というのを使ってます。アンプ1台、スピーカー1台、ウーファー1台という構成で5.1ch再生できる機械です。

Rimg0007 これがスピーカーユニットで、小さい筐体に5つのスピーカーが入ってて、それぞれセンターだの、回りこんでのリアサウンドを再現するわけです。残念ながらうちでは、側面にモノがあって、あんまり後ろからの音は再現しきれてませんが、音の分解性から迫力から何から、おおむね満足しております。ウーファーがでかいのはしゃーないとして、こんだけのものと小さなアンプでこんだけの音が出れば大満足。

で、こういった代物ですから、アンプからスピーカーやウーファーをそこそこ離してセッティングできるように、結構長いケーブルでつながってます。そこではたと気がついた。

そうだよ、無線じゃなくて有線でもってくりゃいいんだよ(馬鹿)。どうせ風呂の中です、それなりに聴こえればいいんです。鳴ってればいい。だからこのスピーカーを風呂の扉の前までもってって、扉越しに(苦笑)。えぇ、ウーファーはもってけませんので重低音はあきらめます。

無線でやりたいとこと有線で。まさにゼロ・サイコミュ(w。オールレンジ攻撃ですわ。

続きを読む "オールレンジ攻撃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/24

ボディガード

Kenneth.Kです。

ケビン・コスナーとホイットニーヒューストンのやつですね。

続きを読む "ボディガード"

| | コメント (3) | トラックバック (0)